2015年02月03日

丸秘元気印の理由


 2月3日、鳥取市内で行われたK様邸上棟式に

代表として!大工さんとして!参加させて頂きました。

通常は屋根の防水下地シートまで進めることを目標として

作業を進めていくんですが、天候に恵まれたことと、

大工職人の精鋭部隊のおかげで、翌日の工程まで進みました☆


DSC00751.JPG


 詳しくは、『こまさんの現場ブログ』をご参照下さいませ。



ここで、私たちウェリーハウスが大切にしている現場での

常識を改めて公開します。




 “上棟後も材料を濡らさない!傷めない!”




一般的に上棟から、サッシを取付けて外壁の下地に

防水シートを張り終えるまで、1週間〜2週間程度かかります。


その間、絶対に木材や合板を濡らさない!ということを徹底しています。

特に合板は木を接着剤で圧着してあるため、水を吸い込んで膨張する

木は剥がれやすく、本来の強度や耐久年数が大幅に低下してしまいます。

ですから、いくら手間がかかって面倒でも上棟の日から

壁には一面ブルーシートで必ず養生します。



 それは・・・当たり前にしてきたこと


20150203_170042.jpg



CIMG9983.JPG



2014-08-22 13.14.44.jpg



DSCF7579.JPG



 サッシを取付けても、防水シートを張るまでは

ブルーシートを戻します。


DSCF6671.JPG



DSCF7619.JPG



 それは、施主様のお家を大切につくる心。

残念ながら、通りがかりで見かける現場には

ないように思いましたので、

人もお家も末永く元気でいられることを心から願って

公開することとしました。


20150203_201917.jpg




 
posted by 社長 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/113172088

この記事へのトラックバック